水溶紙の紙袋を買うならここ! 1枚180円からと超お得なうえに送料も無料!!

みなさん、粉骨をする時は粉骨業者さんにお願いすることが多いと思いますが、自分で粉骨した場合などは何に遺骨を入れていますか?
山など国立公園に散骨する場合は水に溶ける紙袋に入れる必要はありませんが、やっぱり多くの場合は海に散骨すると思います。
海に散骨する場合は当然水に溶ける紙袋に入れておかなければなりませんよね。

わたしは自分のお墓の敷地に(飼い犬を)散骨したので水溶性の紙袋は使いませんでしたが、先日友人のペットを散骨する際に水に溶ける紙袋を購入しました。
結論から書くと、サンコツオンラインの粉骨ランキング1位を獲得した業者さんが水溶性の紙袋を販売していることを今回初めて知りました。
知らなかったことも恥ずかしいですが、みなさんにお得な情報をお伝えできていなかったことに申し訳なさを感じます。

はっきり言います。激安です。

後述しますが、一番高い価格で水溶袋を販売しているところは5,000円(2枚で)ですよ?!
失礼とは思いますが、これは完全にぼったくりでしょ?
高齢の方は他の会社と比較なんてしないだろうから、きっとこの価格で買っていると思うと心が痛みます。。。



水溶袋とは

そもそも水溶袋とは、その名の通り水に溶ける紙でできた紙袋です。
紙はもともと木材(パルプ)から出来ていますので、時間はかかりますがいつかは分解されて自然に還ります。
散骨に使用する紙袋の分解がいつかでは困りますし、すぐに溶けなければ水に浮いてしまって海岸や砂浜に漂着してしまいます。

現在販売されている「水に溶ける紙」は、日本製紙パピリア株式会社さんが製造しているものに限られるようで、そこから数千メートル単位で仕入れた紙会社さんが色々な形に加工して販売しています。

水溶紙の特徴は繊維の離れやすさ

水に溶ける紙も一般的な紙も、原料は同じです。
違いは原料となるパルプ繊維の結合の強さ、離れやすさにあります。

紙は原料である植物の繊維どうしが接着してできています。そもそも、繊維間の結合が強くなければ、紙はつくれません。
「水溶紙」は、その結合の強さをぎりぎりまで低くして生まれた紙なのです。繊維が非常に離れやすいこの紙を水に入れたら、どうなるか? 結果は、瞬時にしてバラバラに溶けてしまうことになりました。
どんな紙でも水に何日もつけていれば、いつかは溶けます。トイレットペーパーがその好例です。しかし、極めて短時間でバラバラになってしまう紙は、水溶紙の他にありません。
水に溶ける紙を意識して開発したわけではなく、この結合の弱さ、つまり離れやすさに着目したことから、この「水溶紙」は誕生しました。この離れやすさが、「水溶紙」のキーテクノロジーです。水に溶けることだけが水溶紙の特性ではない、と先ほど述べました。では、水ではなく他の液体ではどうなるのか?雨が降ったら溶けるという発想からアプローチできないか? 重ね合わせてプラスチックに変わるものをつくれないか? そんな疑問や知的好奇心が、この水溶紙の用途を無限に広げていきます。
たとえば、水溶紙には、アルコールには溶けないという特性もあります。そのためにボールペンで文字を書くこともできます。繊維の結合が驚くほど弱いという以外は、見た目も、感触も、普通の紙とまったく変わりません。<日本製紙パピリアHPから抜粋>

水溶性紙袋を販売しているところは?

散骨向けに水溶性の紙袋を販売しているところは以下の5社があります。(記事執筆時点)
・画材生活※
・おこつ供養舎※
・ブルーマイルゥー
・月島苑
・三ツ星ベリアルサービス

※Amazonでも販売しています。(価格が異なります)
そして冒頭で書いた通り、私が購入したのは粉骨ランキング1位で水溶袋も最安値の「三ツ星ベリアルサービス」です!

水に溶ける紙袋の価格と大きさ

水溶袋の大きさは3~4種類あり、遺骨の量や骨壺のサイズごとにざっくり分けられています。
というのも関東であれば身長150センチの人も180センチの人も同じ7寸の骨壺に入ることが多いので、目安としか言いようがないからです。

そして気になる価格は、1枚当たり180円から2,500円とすさまじい価格差となっています!
また、別途送料が必要となる場合もあるので注意が必要です。

実際にまとめたものがこちらの表です。

画材生活 おこつ供養舎 ブルーマイルゥー 月島苑 三ツ星ベリアルサービス
Sサイズ 110円 500円 180円~ 2,500円 180円
Mサイズ 250円 750円 180円~ なし 380円
Lサイズ 400円 1000円 300円~ なし 580円
LLサイズ 900円 なし なし なし なし
送料 350円~ 無料 500円 記載なし 無料
最低枚数 サイズによる 2枚~(Lは1枚) 1枚~ 2枚 1枚~

※サイズは便宜上「S,M,L,LL」に分けています。

実際支払う金額はいくらなの?

1枚から買うことが出来ないなど、それぞれ入り数が異なるので分かりにくいですね。
送料などを含めた骨壷の大きさに対して実際に支払う金額をまとめたものがこちらです。(1社は除外します。送料は東京~大阪とします)
なおブルーマイルゥーのサイトには5寸の骨壺にはMサイズが5枚必要と記載があるのですが、間違いなくそんなに使うとは思えません。が、ここでは書いてある通りの枚数として金額を算出します。

画材生活 おこつ供養舎 ブルーマイルゥー 三ツ星ベリアルサービス
小分け用 1,060円(4枚) 1,000円(2枚) 680円(1枚) 180円(1枚)
5寸くらいまで 1,400円(2枚) 1,500円(2枚) 1,400円(5枚) 380円(1枚)
7寸くらいまで 1500円(1枚) 1,000円(1枚) 2,000円(5枚) 580円(1枚)
7寸超 1500円(1枚)

さすがの貫禄、圧倒的な価格差

もうご覧いただいた通りです。
圧倒的な価格差で三ツ星ベリアルサービスの圧勝ですね。
小分け用の水溶袋なんて180円で送料込みですよ??ほぼボランティアですよ、これ。

たしかに三ツ星eco梱包セットという未来感すら感じられる梱包材のところにこんなことが書いてありました。

このオリジナル梱包セットは当社の利益のためのセットではありません。
粉骨をご利用になるお客様が、安全に簡単に手間をかけずにご遺骨を発送できるよう願って作成しているものです。
手間とお時間、梱包材料費や送料を考えれば割安ですので、ぜひご利用ください。
※三ツ星ベリアルサービスから引用

利用者からするとありがたいとしか言えません!

とにかく良く調べる!

散骨に関するサイト運営をしているにもかかわらず、恥ずかしながら知らなかった水溶性紙袋の価格差。
期せずして粉骨ランキングの上位業者が水溶袋もダントツの安さと言うことが分かりました。

粉骨費用も散骨費用も、この水に溶ける紙袋と同じように大きな価格差があります。とにかく良く調べることが大切ですが、はっきり言ってめんどくさい。
手っ取り早く調べるなら粉骨ランキング>散骨ランキング>を是非見てみてください。
じっくり調べたい場合は全国の散骨業者まとめ>もお役に立つと思います。

とくに散骨が集中している東京湾では、沿岸部の東京・神奈川・千葉3県の業者を調べることが必須ですよ!

ダントツの安さだった三ツ星ベリアルサービスの水溶袋はこちら>

スポンサーリンク
記事内
記事内
スポンサーリンク
記事内