スポンサーリンク

(最新版)散骨は結局違法なのか|いまだに存在する散骨違法論者はいったい何なのか

結論から書きます、違法性はありません。 以前の記事でも書きましたが、もともと(今でも)マリンスポーツや登山を楽しむ人たちにとって、少量の骨(それが粉骨されていたかどうかは不明)を海や山に散骨するという慣習はありました。 いくつかの散骨業者のサイトには、このような記述がありました。

協会?

散骨協会という会がありました。 わたし自身はいつも、個人でのルールを守った散骨は今昔に関わらず自由であるべきと考えています。 そのため、みなさんにこのように発信しているわけですが、今回知ったこの協会については疑問符だらけです。

散骨業者を徹底比較 | 散骨ランキング

散骨をしようとするみなさんそれぞれにご希望があると思います。 利用する方のニーズが全く異なりますが、わたしの個人的な主観一切なしで徹底的に比較してみました。 故人の親族親戚が乗船するセレモニー型は、価格の幅が業者さんによって全く異なるので掲載していませんが、散骨を代行しようとするならぜひ参考にしてみてください。

喉仏って大事なの?|火葬した後の喉仏は男性も女性もちゃんとあります。なぜなら咽喉ではないから

体の中にいる仏様 喉「仏」というくらいですから、まず仏教でなければ無関係な話です。 遺体を火葬した後は骨壺に納めることになりますが、関東にし...

【結論】散骨は違法か合法か|もう散骨について調べることに時間を使わないでください。

一昔前であれば(善悪は別として)、小型の船やちょっとしたフェリーに乗船した際に遺骨の一部を「こっそり」海に撒くという行為は、する人はしていたように思います。

散骨の選択肢に宇宙葬があります

宇宙葬は、本物のロケットに搭載されるタイプと、気象観測用等のどでかい風船を使用するタイプに二分されます。 しかし、本物のロケットに遺骨とは、すごい時代になったものです。

粉骨をする理由と方法|これだけは知っておきたい粉骨のこと

ひとつは大きい骨壺が場所を取っているなどの理由で、嵩を減らしたいとき。 ひとつはペンダントヘッドなどに入れて肌身離さずいたいとき。 ひとつはご自身で海や山に散骨したいときです。

粉骨は必要なのか|いつどんな時に粉骨をする?パウダー状って?

遺骨をパウダー状にしたいと願う遺族の方がいれば別ですが、そのようなニーズは本来ないと思うのです。 なぜ、パウダー状になることを売りにしているのかわたしにはわかりません。

え?宗派?「分かりません」|そうなる前に読んでおきたい記事

自分の家の宗派も知らないなんて、、という方もなかにはいらっしゃいますが、皆が皆信心深いわけではありませんから気にする必要はないでしょう。 なにより、葬儀会社のかたも僧侶もそのあたりは心得ていて、なにか問題が起きるというわけではありません。

スポンサーリンク
記事内
記事内