スポンサーリンク

宗派判定|「はい」か「いいえ」で分かる簡単宗派判別機で自分と家族の宗派を調べましょう

いつもありがとうございます。 もう少し分かりやすく、かんたんに宗派が分かるようにできないかと思い、「はい」か「いいえ」で宗派を判定できるようにしてみました。 ぜひ参考にしてみてください。

自分でする粉骨のススメ|業者が安心ですが、本当に心を込めて粉骨できるのはやっぱりセルフ粉骨です。

自分で散骨するにしても、手元供養の為に容量を減らすためにしても粉骨は必要です。 では、粉骨をするために許可や資格が必要かというと、まったく必要ありません。

ペットの納骨堂|その納骨堂、本当に大丈夫ですか?

ペットの供養 ペットを火葬する ペットを納骨堂に納骨したい場合は、まず火葬をする必要があります。 納骨堂を経営する業者さんがペット火葬を行っ...

遺骨以外に残ったものはどうしてますか?|火葬場から遺灰を買い取る業者がいるという衝撃の事実

火葬は灰や煙になるので個人が天に昇って行くイメージがありますが、仏式で魂は位牌にあるとされますので、棺に入れて燃やしてしまうより仏壇に置いて差し上げるほうが正解ということになります。 ちなみにわたしはお花以外入れませんでした。

全国散骨条例まとめ|散骨を規制されているのはほとんど散骨場業者だけです

全国の散骨に関する条例を調査した結果、ほとんど散骨業者向けの条例でした。 もちろん自分で散骨に行くことが体力的にだったり、精神的に大変な方もいると思いますが、法的なことが気になって自分で散骨しないのなら、ぜひ参考にしていただき安心して散骨してほしいと思います。

散骨に関する法令|散骨をするなら法律と条令、魚漁法が関わります

散骨を業者さんに委託して行うのか、それとも自分で行うのかによって若干変わってきますが、散骨できる場所はいくつかの法律・条例によって規制されています。

散骨は代行業者に丸投げが◎|船酔いも高価なオプション押し付けもないから利用しやすい

散骨をするなら散骨業者に依頼するのが一般的だと思いますが、散骨を代行してくれる代行業者とご自身も船に乗船して散骨を行う業者がいるのは知っていますか? どちらの業者さんを選ぶかは皆さん次第ですが、あえて散骨代行業者さんをおすすめしたいと思います。 その理由は…

自分でペットの遺骨を粉骨する|散骨するなら粉骨は必須。お金をかけずにセルフ粉骨にチャレンジ

ペットを火葬すると人と同じく骨壺に納めることが一般的で、その骨壺の大きさは子猫・子犬に利用される3寸から、コーギーやビーグル、柴犬に利用される5寸、大型犬の7寸まで大きさは異なります。 ペットを火葬したままの状態では、それが骨だと分かるため散骨はしない方が賢明で、粉骨をしてから散骨をすることになります。

独居老人は意外と楽しめる?|今の生活に満足している高齢者が多いようです。

持ち家に住み、贅沢をしなければ、時間とお金に余裕のある高齢世代。 食事や部屋の掃除などは業者に任せて、積極的に人生を楽しむ独居老人がいます。 しかし孤独死して死後2日以上経過してから発見される方は年間2万6千件以上。 他人事ではありません。

タマシイはお墓にあるのか位牌にあるのか問題|悪いことが続いているのは先祖供養が足りないからです?

人により、位牌にもお墓にも魂が宿るという人がいれば、どちらにも宿らない、どちらかに宿るという人もいる。 それは、誰かが決めることではないということだけは確かです。

散骨の相場|1万円台から10万円超まで、いったい何が違うの?

散骨業者さんによって価格に幅があります。 理由はいくつかありますが、理由としてもっとも大きいのがセレモニーを行うか、代行するかということです。 セレモニータイプは海上での葬儀という位置づけで、希望するオプションにより十万円程度~数十万円まで多種多様です。 一方、代行タイプは20,000円程度~60,000円程度で散骨を行うことが出来ます。

優良な散骨業者を見分ける7つの方法=粉骨・散骨で後悔する前に=

違法な粉骨業者はいる? 海洋散骨する方が増えてくると、それを生業(なりわい)とする業者も増えます。 実際「散骨」で検索すると、たくさんの...

ペットを散骨する|自宅の庭・所有するお墓・海・山、お好きなところで

ペットを海に散骨しようとした場合、自分で散骨するか散骨業者さんにお願いするかということになります。 自分で海に散骨する場合は船を借りたりチャーターしたりと、普段から海に出る機会が無い方にはハードルが高いためおすすめしません。 散骨業者さんは主に海に散骨してくれるのですが、散骨の仕方が2種類あります。

こんな散骨はダメ|自分で散骨するなら読んでおきたい記事

散骨をしたいと思うのはどのような時が多いかというと、遺骨の処分に困った時が多いようです。 しかし、いざ散骨したいと思ってもお金が無いから何万円も出せないということはありませんか?

バルーン葬ってどうなの?|バルーン葬の種類や宇宙葬との違いは

バルーン葬の価格は、海洋散骨を比較するとまだまだ高額で20万円程度からとなっています。 海洋代行散骨は1回の散骨で複数の遺骨を散骨しますが、宇宙葬(バルーン葬)は1回1柱が基本となり、ヘリウムなどの専門機器を使用するためと思われます。

分骨っていけないことなの?もう迷わない分骨

分骨の方法は3通りあります。 ひとつは火葬した段階で骨壺をふたつ(または複数)用意し、それぞれに納めていただく方法。 ひとつはすでに手元に戻ってきている状態から、ご自身で取り分ける方法。 すでにお墓に埋蔵されている遺骨(骨壺)を取り出して、分骨する方法です。

散骨に最適なタイミング

粉骨代行業者に粉骨を依頼した場合、ご自身で散骨することになると思いますが、その場合いつ頃散骨するのが良いのでしょうか お住まいの地域や散骨する海域によってそれぞれ異なりますが、時期やタイミングを決める参考にしてみてください。

(最新版)散骨は結局違法なのか|いまだに存在する散骨違法論者はいったい何なのか

結論から書きます、違法性はありません。 以前の記事でも書きましたが、もともと(今でも)マリンスポーツや登山を楽しむ人たちにとって、少量の骨(それが粉骨されていたかどうかは不明)を海や山に散骨するという慣習はありました。 いくつかの散骨業者のサイトには、このような記述がありました。

協会?

散骨協会という会がありました。 わたし自身はいつも、個人でのルールを守った散骨は今昔に関わらず自由であるべきと考えています。 そのため、みなさんにこのように発信しているわけですが、今回知ったこの協会については疑問符だらけです。

散骨業者を徹底比較 | 散骨ランキング

散骨をしようとするみなさんそれぞれにご希望があると思います。 利用する方のニーズが全く異なりますが、わたしの個人的な主観一切なしで徹底的に比較してみました。 故人の親族親戚が乗船するセレモニー型は、価格の幅が業者さんによって全く異なるので掲載していませんが、散骨を代行しようとするならぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
記事内
記事内