散骨についての記事

スポンサーリンク

【埼玉県】散骨業者まとめ 2019年最新版

埼玉県に事業所がある散骨業者まとめ 埼玉県に本社・事業所を置く散骨業者をまとめています。 埼玉県内では粉骨・散骨を専門とする業者はほとん...

【茨城県】散骨業者まとめ 2019年最新版

茨城県に事業所がある散骨業者まとめ 茨城県に本社・事業所を置く散骨業者をまとめています。 法定記載のない業者さんを利用する場合は契約内容...

【栃木県】散骨業者まとめ 2018年最新版

栃木県に事業所がある散骨業者まとめ 栃木県に本社・事業所を置く散骨業者をまとめています。 法定記載のない業者さんを利用する場合は契約内容...

【群馬県】散骨業者まとめ 2018年最新版

群馬県に事業所がある散骨業者まとめ 群馬県に本社・事業所を置く散骨業者をまとめています。 法定記載のない業者さんを利用する場合は契約内容...

NO IMAGE

【青森県】散骨業者まとめ

青森県に事業所がある散骨業者まとめ 青森県に本社・事業所を置く散骨業者をまとめています。 津軽海峡を中心とした散骨で、割高な価格帯となっ...

海外の火葬事情と散骨事情を知る。| グランドキャニオンで散骨は出来るのか。

海洋散骨は、海岸または海軍の指定する海域から3海里離れている必要があったり、散骨後の報告義務があったりするため、公園(東京23区よりも広いような)への散骨が人気があります。 申請をすればグランドキャニオンでの散骨も可能です。

粉骨の相場|粉骨業者に粉骨を頼むと費用はいくらかかるか。

粉骨専門の業者さんも、オプションで粉骨を行ってくれる業者さんも粉骨自体の平均金額は20,000円です。 ただし、別途必要になってくる費用もありますのでご紹介します。

散骨のウソ・ホント|海は?山は?パウダー状にする必要はある?

散骨しようとしたときインターネットなどで検索することが多いと思いますが、その情報の曖昧さ(新しさ)と、ホントかウソか分からない情報があふれています。 みなさんが散骨するときに気を付けることも参考にしていただきながら、今回はもう少し的を絞って情報の真偽に迫ってみまっした。

海外に遺骨を持ち込む方法と英訳の仕方|自分でできる英訳死亡診断書

入国に際してや海外の国定公園、外国の海などに散骨する際に必要となることがある、死亡診断書・埋葬許可書を英語で作成する方法を紹介します。 全部自分でできれば、翻訳証明の手数料16,000円程度で済んでしまいますから、ぜひチャレンジしてみてください。

業界最安値の散骨に注意!|その価格、本当に最安値ですか?

散骨・粉骨業者さんの中の何社かは、この景品表示法に違反している業者さんが見受けられます。 「実績ナンバーワン」や「業界最安値」と言い切っているものです。 わたしたちは、なるべく安くなるべく良さそうな業者さんを見つけたいと考えますが、数多ある業者さんからそれを探し出すのはとても手間と時間がかかり困難です。

粉骨したら真空処理も忘れずに!|大切な遺骨にカビや湿気で劣化させない方法と対策

粉骨を業者にお願いするときも自分でするときもそうですが、粉骨したということはその後散骨をするか分骨をするか、または手元供養をすることになると思います。 その場合は、粉骨した後に真空処理をしてもらうことをおすすめします。 理由は、カビや湿気、劣化を防ぐためです。

粉骨業者を徹底比較=粉骨ランキング=

サンコツオンライン/粉骨ランキング内の粉骨費用の平均は約20,000円。骨壺の大きさによって価格が異なるため、関西圏の場合は10,000円、関東圏の場合は15,000円といった具合。 価格、粉骨機器、支払い方法など、目的に合わせて選ぶ参考に。

粉骨機器にも種類がある|後悔しないための粉骨機器選び

自分で散骨をする場合ではなく業者に散骨を依頼した場合、粉骨の方法は3通りあります。 ・カッタータイプの粉砕機 ・乳鉢タイプ ・人の手 どの粉骨機器を使用しているかは、業者さんのウェブサイトを見るとだいたい分かります。 パウダー状という言葉があれば、間違いなくフードプロセッサー方式です。 手粉骨であれば、それも必ず記載があります。

国有地ならアリってホント?|公園や山など、自分で陸地への散骨をしたいときに読む記事

陸地は、過去の節度を守らない散骨業者による乱散骨により、各自治体が独自に散骨を禁止する条例を設けたため、業者が散骨するにはハードルが高くなっています。 ところが個人が散骨をするとなると、意外とできる範囲が広がります。

自分で散骨する時に気を付けるのこと6選|きちんと調べれば散骨は難しくありません。

いざ自分で散骨するときには何に気を付ければいいのでしょうか。 これだけは知っておきたいことを6個まとめました。

海外で散骨するときに気を付けること|旅行期間中が毎日荒天かもしれない

外に散骨するということは、分骨して遺骨の一部を散骨するか、遺骨すべてを散骨することになります。 どちらにしても海外に散骨するのであれば、これだけは確認しておかなければなりません。 (1)日本にお墓があるか (2)家族・親族の了解が取れるか (3)生前に申し込めるか (4)その国での散骨は禁止されていないか

自分でする散骨|粉骨さえしていれば意外とハードルの低いセルフ散骨

散骨を自分でしてみる 散骨というと専門業者に委託する代行型や、散骨を式典の一部として行ってくれるセレモニー型がありますが、自分自身で行うこ...

ペットを庭に埋めたらいけないの?|金魚でも犬でも猫でもそのまま埋めて平気です。

自宅の庭にペットを埋めても問題はありません。 火葬をして遺骨にしても、亡くなったままの状態でもどちらでも大丈夫です。 ただし、自分の所有している土地でなければ違法になります。 ペットの場合は人と異なり、適用される法律が異なります。

自分でする粉骨のススメ|業者が安心ですが、本当に心を込めて粉骨できるのはやっぱりセルフ粉骨です。

自分で散骨するにしても、手元供養の為に容量を減らすためにしても粉骨は必要です。 では、粉骨をするために許可や資格が必要かというと、まったく必要ありません。

全国散骨条例まとめ|散骨を規制されているのはほとんど散骨場業者だけです

全国の散骨に関する条例を調査した結果、ほとんど散骨業者向けの条例でした。 もちろん自分で散骨に行くことが体力的にだったり、精神的に大変な方もいると思いますが、法的なことが気になって自分で散骨しないのなら、ぜひ参考にしていただき安心して散骨してほしいと思います。

スポンサーリンク
記事内
記事内